どのようにイギリスとの縁が生まれたか

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 現在、私はイギリス人男性と国際結婚し、イギリス人社会の中で、イギリス人に囲まれて生活しています。しかし、元々は、イギリスとは何の所縁もない、ごくごく一般的な日本の子供として育ちました。それが、ひょんなことをきっかけにイギリスに興味を持ち、遂には結婚してそこに永住することになってしまいました。

 一体どんなきっかけで、また、どうしてアメリカやカナダではなく、イギリスを選んだのか、色々と訊かれることがありますが、確かに国際結婚は第三者に「どうしてよりによって外国の人と?」といった印象を与えるものだと思います。

イギリスに目を向けることになったきっかけ

 私が初めてイギリスに目を向けることになったのは、ある音楽がきっかけでした。ある日、兄の部屋から流れてきたビートルズのある一曲を耳にしたその瞬間から、その曲のフレーズが頭から離れなくなってしまったのです。まだ小学校5年生だった私は、ギターを弾いていた兄に、恐る恐るその曲は誰の何という曲なのかを訊いてみました。

 しかし、5歳上の兄は(小学生のガキのくせに何がわかる!)と思ったのでしょう、ギターを弾く手を止めもせず、ぶっきらぼうに「ビートルズ〜〜〜〜」と早口に言ってくれただけでした。当時から兄がビートルズ関連のものを宝物のように大切にしていることを知っていた私は、とても「そのレコード貸してちょうだい」とは言えなかったので、急いで自分の部屋に帰って、「ビートルズ〜〜〜〜?」と、兄の教えてくれた題名らしき言葉を書きとめました。

 そして、次の日にはそのメモを頼りに、レコード屋さんでそれらしき曲の入ったビートルズのLPをお小遣いで買い求め、急いで部屋に帰って、夢中で聴き出しました。そうやって部屋にこもって同じレコードを何度も聴いていれば、やはり曲に合わせて自分でも歌ってみたくなるものです。

 私も、歌詞カードを見て、何とか読めるところだけでも真似してみようと、「your」のような簡単な英語の歌詞部分まで歌が進行するのをハミングしながら待ち構えて、エイッと、その歌詞に合わせて歌を口ずさんでみたのですが、不思議なことに、何度やっても自分の言っている言葉と、レコードから聴こえてくる言葉が違うように聴こえたのです。(参考:翻訳家の仕事入門 - 実務翻訳者(在宅・社内)になりたい人へのアドバイス) 

 (おかしいな、これは『ユア』って読むはずなのに)と思った私は、試しに子供用英和辞典で「your」という単語の発音を調べてみました。 すると、「ユア」という読み方の横に「イギリス:ヨー」と書いてあったので、今度は「ヨー」の方で歌ってみたところ、レコードの歌とピッタリ合うようになったのです。

 私は嬉しくなって、そのレコードの説明文を改めてよく読んでみると、ビートルズはアメリカ人でなく、イギリス人なのだということがわかりました。そこで私は、イギリスとアメリカはそんなに違うものなのかぁ、と漠然と思い始め、(でも、イギリスはビートルズの国で、カッコいい! 自分も、イギリス英語の真似だけをしよう)と考えるようになったのです。

 そしてこのことを発端に、様々なブリティッシュ・ポップを聴くようになり、ますますイギリスに惹かれ、すっかりイギリス贔屓(ひいき)になっていきました。

初めてのイギリス

 そこまで興味を持てば、イギリスに行ってみたいと思うようになるのはごく自然の流れでした。しかし、あまりにもイギリスに憧れていた私は、実際に行ったらがっかりしてしまうかも、思っていましたが、現実のイギリスは私の期待を裏切りませんでした。

 初めてのイギリスは見るもの全てが美しく、誰もが憧れのイギリス英語を話している夢の国のように思えて、私は、どうしてもいずれはこの国で暮したいと思うようになり、そのためにはどうしたらよいのか、調査してみました。

イギリスという国で暮らすにはどうしたらよいか

 すると、「手っ取り早いのは色仕掛けでイギリス人と国際結婚、だが、それが無理なら、修士号以上の学位を取った上で現地で仕事を見つけ、ビザを手に入れるのがいいw」とあったので、私は、結婚は無理だからと、その日から大学院留学に向けてアルバイトや短期バイトバイトを増やし、英語力アップのために毎日勉強を始めました。

 実際は、イギリスの大学院準備コースを始めた時点で夫に出会って結婚することになってしまったので、私は「手っ取り早い」方法でイギリスに住むようになったというわけです。 

 イギリスで暮らすのはもちろん、旅行時や出張時の場合も、クレジットカードがあると便利です。旅行や出張で行くイギリスの主要箇所はほぼVISAが使えます。年会費無料カードでも海外旅行保険が付帯しているカードが増えてきましたので、1枚も持っていないという方は、クレジットカード選び@おすすめランキングというサイトで今人気のカードを探してみて下さい。