良い英語、悪い英語

英語を使って、外国の方たちと意思の疎通が出来るのは とても嬉しいものです。しかし、大事なポイントを見過ごしていることで、知らず知らずのうちに、相手の気分を害する『悪い英語』を使ってはいないでしょうか。 ここでは、相手に良い印象を与える『良い英語』と、『悪い英語』を、例を挙げて説明したいと思います。

 日本では、英語は「カジュアルな言葉」だとか、あるいは「上下関係のあまりない言葉」だという印象が強いようですが、実はそうでもありません。イギリスでは特に、「本物の英語を話す国」としての高い誇りがあるからでしょう、アメリカ英語は、あまり好まれないようですし、何よりも、英語にはちゃんと「丁寧語」というのが存在するのです。

 とはいえ、いきなり英語の丁寧語で話せ、というのもそれほど簡単なことではないので、まずは、「これは大事」というポイントのみ、押さえていきたいと思います。

挨拶

 まず大切なのは、「挨拶」です。 これは本当に当たり前のことのようですが、頭で分かっていても、タイミングよく実行できなければ、相手には伝わりません。 日本では大抵の場合、軽く会釈をしておけば無礼と取られることはないと思うのですが、外国に行ったら、少なくとも笑顔で「Hello」や「Thank you」、「Please」と「I’m sorry」などはスムーズに言えるようにしておきたいものです。 

 イギリスのお店やさんでも、日本の人がヌーッと入って来て、店内を一巡りして、そのまま無言でスーッと去っていく、ということが 時々ありますが、何とも不気味に見えるものです。海外でちゃんとお客さんとして扱われたいのならば、「Hello」で入店して、「Thank you」で去る位のマナーは、身に付けておきたいものです。

日本の酒屋にて

 逆に以前、夫と日本の酒屋さんを物色していたら、そこの店主らしき男性が彼に近づいて来て、スラスラッと「Where are you from?」と話かけてきたことがありました。 普段は大変愛嬌の良い夫ですが、このときはなぜかプッとむくれて、「England」とだけ言い、その後その男性と話をしようとはしませんでした。 

 これは残念ながら相手に失礼に当たる「悪い英語」の一例です。この酒屋さんは、せっかく流暢に、文法的にも正しい英語で話したにも関わらず、最初に何の挨拶もせず、しかも無表情で「お前何処から来た?」などと訊いてしまったため、お客である夫には、ぶっきらぼうで大変失礼な店主、として映ってしまったようです。

 ここでもしこの男性が、「Hello( Do you need any help?)」から始まって、「Excuse me, sir…」と続けて上の質問をしていたら、状況は全く違っていたでしょう。

修正液

 かく言う私も、夫婦である気安さからうっかり気を抜き、日本語の感覚でものを言って、夫に注意されることがあります。 あるときは、夫に「修正液ある?」と尋ねて、「会社にあるよ」と言われたので、「じゃ、ちょうだいな」というつもりで、「Give it to me, then」と言い、たしなめられたことがあります。 どうも彼にはこの私の言い方は、「じゃ、それよこしなさいよ」のように聞こえたようで、せめて「Would you give me one, please?」と言っておけば良かったのね、と反省させられることになりました。

 イギリスでは、小さな子供にも徹底して教え込むこの「Thank you」「Please」は、英語を話す上での最低限のマナーということなのかもしれません。

文法よりも大切なもの

 日本人は普通、紙上の試験英語勉強や採点方法に慣れてしまっているので、ちょっとした文法のミスさえも恐れる傾向にあるようですが、実践の英語では、文法や発音が完璧な英語が、必ずしも「良い英語」であるわけではないのです。 もちろん、ある程度の形は出来ていない話が通じないのでいけませんが、正確さよりも大切なことは沢山あるのです。 先ずは、笑顔で相手の方を見て、挨拶する練習を始めるのが最優先でしょう。

 とはいえ、先に述べたように、イギリス人はイギリス英語に大変誇りを持っています。 イギリスでも若者は会話の中でアメリカ表現をしばしば使いますし、お行儀の悪い単語(=Swear words)も多用する傾向がありますが、ある程度の年齢の行った方々は、そういった英語を聞いて、あまりいい顔はしていません。 特に、私たち日本人はイギリス人に「礼儀正しい民族」として認識されていますから、アメリカ的な、非常に砕けた英語表現を使うと、ギョッとされるかもしれません。 

その国の言葉をキチンと話そうとする姿勢は、それだけで気持ちがいいものですが、相手に良い印象を与える「良い英語」を話すとなったら、言葉だけでなく、その国の文化もよく理解する必要があるようです。


年会費が安いゴールドカード比較特集【最新版】
空港ラウンジが使えてポイント還元率も高いゴールドカードを紹介
http://www.golden-creditcard.com/

家庭教師の登録をする前の心構え
家庭教師経験者による仕事の取り組み方、やりがいなど
http://www.katekyo-kokoroe.com/

あなたの愛車、いまいくら?簡単査定
あなたの愛車をネットですぐに査定依頼することができます。
http://www.aisha-satei.com/