名前を呼ぶことの大切さ

日本では、何となく気恥ずかしくてごまかしてしまう、「名前を呼ぶ」という行為ですが、イギリス人社会に溶け込むためには、これを上手にできるようになることがとても大切です。どんなときに、相手の名前を呼べば自然になるでしょうか。

 日本語では、会話をしている相手の名前を話の中で何度も呼びかけるようなことはありません。 それどころか、「わかりきっていることだから」という理由で、文章から「誰が」「誰は」といった主語を省いても、話が大体通じてしまう言語です。 ところが、英語では、会話の中で「これでもか」というくらい、相手の名前を出すことが多いのです。

 まず、誰かに「初めまして、僕はジョン・テイラーです」と自己紹介されたら、紹介された側はすかさず、「初めまして、ジョン。私は恵美子です」のように応えなければいけません。 紹介された名前を早速使って会話を始めることで、「私はあなたの存在をしっかり確認していますよ、誰でも良いというわけではなくて、今はあなたとお話ししていますよ」という意思表示にすることになるからです。

 この「名前の呼びかけ」と、相手の目を見て握手することが合わさって、初めてしっかりとした、気持ちの良い挨拶の形になるといってもいいのですが、私たちのように英語圏に無い名前の場合、相手がこちらの名前を呼ぶことなく、「初めまして」だけで済ませようとする場合もあります。

 そんなときには、(この方は面倒だから私の名前を覚える気が無いのかしら、それともこの場限りの付き合いだから覚えてもしょうがないと思われているのかな、あるいは私に全く興味がないのかも)などと、不安な気持ちになるものです。

 もしも、こちらが相手の名前を呼ばずに挨拶をしてしまっても、やはり相手には同じような印象を与えてしまうのですから、やはり最初が肝心、聞き取れなかったらもう一度聞き直してでも、相手の名前を確認した方がよいでしょう。

 もし名前のわからない人、例えば街中で落し物をした男性に「ペンを落とされましたよ」と声をかけることがあっても、やはりなにかしらの呼びかけの言葉が必要です。 相手が男性だったら「Mister!」、もしもその男性が自分よりもずっと年嵩が上の場合には敬意を込めて「Sir!」、女性だったら「Miss」、あるいは「Ma’am」とするなど、ちょっとした工夫も必要です。

 自宅の中でも、やはり名前をつかった呼びかけは、頻繁に使われます。例えば、日本語ならば奥さんが「ねぇ」と話し掛けたら、旦那さんが「何?」とか、「ん?」などと言うだけで済む場合でも、英語では奥さんは「John?」とご主人の名前を呼びかけ、旦那さまの方も「Mary?」と名前を呼んで応える形になるのです。 

 直接名前を使って返答しない場合にも、「Yes, darling?」とか、「Yes, my dear」とかのように、名前に代わる愛情のこもった呼び名で応えることで、相手の存在を尊重することになるからだと思います。

 この、「名前の呼びかけ」において、私がいつも迷うのは、ファーストネーム(下の名前)を使うか、あるいはMr. Taylor のように、苗字にMr.を付けて呼ぶべきか、ということなのです。 今のイギリスでは、大人同士であればファーストネームで呼び合うことが普通のようで、例えばまだ20代のヒラ社員が、ずっと年長の社長のことを「Trevor」と呼び捨てにしているのを見ると、どうしても違和感があるように思えてなりません。 

 この考えは、日本人だけのものでもないらしく、数年前に他界した夫の伯父は、80歳を過ぎても会社にチョコチョコと顔を出していたのですが、その際、若い社員から名前を呼び捨てにされると憤慨して、「Mr.(+苗字)と呼びなさいっ」と一喝していたそうです。

 また、伯母の方も、「若い子にBarbara、なんて呼ばれるのは、ねぇ」と、やんわりファーストネーム制を否定していたことを考えても、数十年前までは、イギリスでもMr. Ms.に苗字を付けて呼びかけていたことがわかります。

 皆が下の名前で呼び合う今の時代に、「〜さん」といった響きの「Mr.〜」の形を取るのはよそよそしく聞こえるかもしれませんが、相手が「下の名前で呼んでくれればいいよ」と、ファーストネームの方を勧めてこない限り、私は年長の方に話しかける際には、失礼のないよう、「Mr.〜」「Ms.〜」の方を使うようにすることにしています。

 日本語で、相手の名前や主語を落とすことが多いのは、「言わなくてもわかるでしょう?」という気持ちが大前提にあるためですが、反対に、英語では「言葉に出して言わなくちゃ何もわからない」という気持ちがコミュニケーションの基にあるので、このように「相手の名前を呼びかける」のが重要なこととなるのでしょう。

 いずれにしても、名前の呼びかけというのは、日本語の中でも使えて、イヤミにならない「人の気持ちを掴むテクニック」です。 「お宅は」とか、「そちらは」といった言葉でごまかさず、時には相手の名前を呼んで、イギリス式に周りの人と仲良くなるのも、良いのではないでしょうか。

広告